MENU

車査定の電話ってしつこい!でもどうして?!

 

電話を嫌がる女性

 

愛車の車査定で高額を目指すなら、複数社の査定依頼をする方法が王道です。

 

とはいえ、あちこちの業者に持ち込みをしたり、連絡をするのは面倒。

 

となると、無料の一括査定サイトで、まとめて査定依頼をしたほうが合理的です

 

電話ラッシュ!

 

車の一括査定サイトに登録すると、あちこちの買取専門店から電話がじゃんじゃん来ます(汗)

 

しつこい業者さんは減少しているとはいえ、まだまだ一部いらっしゃいます。

 

解決方法はカーセンサー?!

 

 

”カーセンサー”というリクルートが運営するサービスでしたら、
メール連絡限定で見積をもらうことが可能です。

 

また、業者を選定できるシステムはカーセンサーだけです。

 

それでは、具体的な依頼方法をご紹介しますね。

 

@カーセンサーの公式サイトへ

 

http://kaitori.carsensor.net

 

Aメーカー名・車種・車のタイプ・事故暦・郵便番号を入力し、スタートを押す。

 

B車情報を入力し、査定申し込み先のチェックを入れてください。
※住む地域でお店は異なります。

 

依頼先店舗一覧

 

詳細と書かれている部分をクリックすると"メールOK"と確認できます。

 

メール可能

 

C「一番下の任意項目: 売却希望時期など、ご希望がある場合は、こちらをクリック」をクリック

 

申し込み方法03

 

 


 

D連絡希望時間帯に「メールのみで連絡を希望」と入力してください。

 

メール連絡希望

 

以上、この方法でしたら電話はかかってこないため、安心して一括査定サービスが利用できます。

 

それともし、概算見積を知った結果、金額に納得できなければ無理に査定依頼をする必要はありませんので、ご安心を。

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する老舗自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://kaitori.carsensor.net

 

 

車買取一括査定がお勧めな理由は?

 

査定結果を見せる女性

 

車買取を利用する際、お店選びで使える方法の1つに車買取一括査定があります。

 

数多くある車買取業者の買取価格を一度にチェックできる方法ですから、利用候補店を探している方にお勧めの方法の1つになります。

 

車買取一括査定が有効な理由としては、買取価格の向上と利用期間の短縮の2つが大きなものです。

 

まず、車買取一括査定を利用すると、登録されている車買取業者の買取価格を一覧でチェックする事ができます。

 

車の買取価格は業者によって違い、同じ車種や年式でも買取価格が高い業者や低い業者がいるものです。

 

信用の置ける業者の中から高く買い取ってくれる業者を選んで取引する事で、買取価格をより高められるでしょう。

 

また、車買取一括査定は査定にかかる期間を短くできるので、利用期間を短縮できます。

 

オンライン上の査定価格ですから、改めて実際に査定を受ける必要はありますが、
買取価格が高い業者をある程度絞り込む事が可能です。

 

有望な業者に連絡を入れて、出張査定をしてもらってを延々と繰り返すよりも簡単で手早く済むでしょう。

 

これらのように、車買取一括査定には車買取をより良くスムーズに利用しやすくなる理由があります。
車買取を利用する際に、利用できる手段の1つとして覚えておくと良いでしょう。

 

 

車買取のタイミングがいつがいいの?

 

自動車を買取業者に買い取ってもらう際は、タイミングが重要になります。

 

買い取ってもらう時期によって、車買取価格が変動するからです。では、いつ頃の時期がベストなタイミングなのでしょうか。

 

自動車は新車で購入するとき、ディーラーの決算時期に購入する人が多いのです。

 

国産車だと3月に決算を迎えるディーラーが多いです。3月に決算を迎えるときに自動車を購入しますと、値引き額が大きくなる場合があります。

 

ですから決算時期に購入が集中するのです。3月に自動車を新車で購入しますと、3月で車検が切れるということになります。

 

自動車を売却する時期として、車検が切れる時期を選ぶ人が多いです。

 

そして次の自動車を探すのです。ですから、中古車市場におきましても、同様のことが言えるのです。

 

車検が切れる3月ごろに需要が集中するのです。自動車を売却して、新たな自動車に乗り替えるためです。ですから、車買取のタイミングとしましては、3月がひとつの目安となります。

 

また、春から夏にかけても需要はあります。季節が良いからです。

 

自動車で出掛けるという人が多くなるため、
中古車市場での需要が増加するのです。この時期も車買取のタイミングとしては良い時期と言えるでしょう。

 

 

車買取と下取りって何がどう違うの?

 

車買取は、中古車買取業者に査定を依頼して、買取をしてもらう方法です。

 

下取りは、新車販売をしているディーラーに、新車購入時に買取をしてもらう方法です。

 

違いは、下取りは、新車の乗り換え維持にディーラーが行うことで、それ以外の場合に利用できないのに比べて、車買取は乗り換えの有無にかかわらず自由に売却できることです。

 

 

買取り価格については、車買取の方が一般的に高いです。ディーラーの下取りは、買い取った後に業者に流すなどの手間がかかる分、買取価格は低くなってしまいます。

 

また、査定も市場価格にのっとって行うわけではないため、車買取ならそれなりに値段が付く場合でも、下取りなら二束三文になってしまうケースがあります。

 

下取りは、引き取りが納車時なのでスムーズに乗り換えをすることができるメリットがありますし、
自分で中古車買取業者に持ち込んで査定をしてもらうなどの手間暇がかからないというメリットがあります。

 

そのため、特に価格を気にしないという方で、手間を省きたいなら下取りを選ぶと良いでしょう。そして、乗り換えをする場面ではなく売りたい方や、
新車購入費用の負担を少しでも軽くしたいという場合には、車買取を利用するのがおすすめです。

 

 

 

車買取は売却の契約後にキャンセルできるの?

 

愛車の売却を行う場合、ほとんどの人が車買取業者に依頼して買い取ってもらうでしょう。

 

しかし、一度契約したにも関わらず、様々な理由から契約をキャンセルしたいという事態も起こり得ます。

 

一般的に、一度正式に行った契約をキャンセルするのは簡単なことではありません。

 

双方が簡単に合意を覆せないようにするために、書面をもって正式に意思確認を行うのが契約の本来の意義であり、事情が変わったからと言って安易にキャンセルしてしまっては全くの無意味になってしまいます。

 

このため、契約後にキャンセルができるわけではないということを、事前にしっかり理解しておく必要があります。

 

ただ、契約してから1日しか経過していなかったり、契約書にキャンセルについての項目が明記されている場合などは、買取業者によってはキャンセルに応じてくれるケースもあります。

 

その場合でも何のペナルティもなく契約を白紙に戻すというのは難しく、多くの場合違約金を支払うことで契約をなかったことにしてもらえます。

 

違約金の金額は業者によって様々ですが、だいたい売却代金の10%から20%としていることが多いです。場合によってはそれ以上の違約金を設定していることもあるので、くれぐれも注意しておきましょう。

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する老舗自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://kaitori.carsensor.net

 

 

車買取Q&A

 

大手買取店VS 中小買取店どっちがいい?

 

車買取をしてもらうときに大手買取店と中小買取店とではどっちがいいのかというと、これは売りたい車によって異なることか多いです。大手は一般的な車を売る時にはいいかもしれませんし、中小の買取店は得意不得意がばらつくことがあるということがあります。
これは、高く買い取ってもらうには、そこが持っている販売力というものがカギになります。外国などで高い実績を持っていて、高く売れるというところは高く買い取ることも出来ます。一方で特に特別な販売ルートを持たない車であれば、一般的な中古市場に出すしかありませんから、価格は当然叩かれて安くなることになります。
ですから、一概に大手がいいとか中小がいいということはいえません。査定をしてみて、高い査定額を提示してくれるかどうかで判断をするしかないでしょう。査定は無料でやってくれますから、出来るだけ多くの買取店で査定をしてもらうようにするといいでしょう。
今はネットで出来る一括査定依頼などもありますから、そうしたものを利用するとかなり手間が省けるかもしれません。自分でいろいろな買取店を回ってみるといろいろな違いも分かってきますし、理由などを聞いてみると、なかなか面白いので自分で買取店を回るのも楽しいかもしれません。

 

 

オークション代行で車を売るメリット・デメリット

 

オークション代行で車を売るメリットは、何と言っても、すべての手続きを任せられるということです。
インターネットオークションであれば、パソコンが苦手な方でも、操作や手続きを代行してもらえるのに加えて、忙しい方に代わって、リアルタイムで動き続ける入札額を監視し続け、時間切れとなった後、最高の入札額を提示した人物が落札となり、売買契約が行われます。
特に、車を売買、譲渡する際には、法的にもさまざまな書類が必要となりますが、そのような煩雑な手続きも、任せることができます。
その一方で、デメリットは、リアルタイムの対応が難しいことにあります。
多くのオークション代行では、最低落札価格を指定し、その価格を下回ることがあればキャンセルとなりますが、これは同時に、そのオークションを利用しているユーザーから見た、出品した車の適正価格を知るための参考になります。
この場合は、最低落札価格を下げて再出品することで、売買が成立する可能性が高まりますが、競合する商品が出品されていた場合には、そちらにお客さんを取られてしまう可能性があるため、素早い判断が勝負の分かれ目となります。
オークション代行の担当者に連絡をしても、どうしてもタイムラグが発生してしまうため、分単位、秒単位のリアルタイムな細かい対応が難しいのがデメリットです。

 

しつこい電話営業!※上手な断り方は?

 

自動車を売却しようと思って中古車買取業者に連絡をすると、そこからしつこい電話営業に遭遇する可能性があります。大手買い取り業者などは比較的可能性が少ないですが、一括査定などを利用して複数の買い取り業者に査定依頼を出した場合などにも、しつこい勧誘に遭遇する可能性があります。

 

この場合の上手な断り方としては、「はっきりと不要である旨を伝える」ことです。少なくとも売却を検討している状態だからこそきっかけが生まれてしまっているわけですが、だからといって不要な勧誘を受けていたのでは精神的にも時間的にも負担が大きくなってしまいます。もし、可能性がある場合は、具体的な話を聞いたうえで「検討して『こちらから折り返し』ます」と伝えておくと不要な勧誘を減らすことができます。

 

また、候補として一切検討していない買い取り業者から勧誘が来るようになってしまった場合には、「結構です」「またの機会に」などと言う風なやんわりとした断り方ではなく、「売るつもりがないので電話をしてこないでください」とはっきりと伝えた方がお互いにとって有意義です。無用な電話を受ける手間と時間を省くことができ、なおかつ相手にも不要な手間を掛けさせない最善の方法です。

 

 

二重査定のトラブルってない?@具体的なトラブル例をご紹介!

 

クルマの買取のトラブル例で目立つのが二重査定です。あまり聞きなれない言葉なので意味がわからない人もいることでしょう。

 

これは契約後に再査定が行われることを言います。なぜ一旦査定が終了し、契約が完了しているのに再査定が行われるのかというと、これは買い取ったあとに買取業者が重大な瑕疵があったことを発見したからです。

 

二重査定が行われる場合は、最初の査定額を買取業者が一方的に減額してきます。これも最初の契約内容に書かれてあるので注意が必要です。

 

この二重査定によるトラブルが起こる原因として多いのは、修復歴があるのにそれを隠している場合です。修復歴がある場合はマイナス査定の要因となりますが、修復歴はないと主張すれば買取業者はその言葉を信じて査定を行います。

 

しかし後からそれが嘘だったとばれてしまう二重査定となってしまうわけです。

 

車体番号から検査すれば修復歴の有無はわかってしまうので嘘はつかないことがトラブルを避けるためにも重要です。またこのような嘘の報告があるために、買取金額も1か月程度後に振り込まれることが多いのでしょう。また、このような二重査定が行われるのが嫌な人は、JADRIに登録している買取業者を利用するのも手です。JADRI加盟店ではユーザー目線に立ち、二重査定が禁止されています。"

 

 

 

TOPへ